引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】

手土産を持って行く

トラックの模型

非剤の場合は郵便受けに

引越しをするときは、引越しの挨拶をするのがマナーです。引越し当日はトラックが乗り入れて荷物の積み下ろしをするなど騒がしくなります。事前にご近所に挨拶をして、印象を良くしておくとこれからのお付き合いもスムーズになります。挨拶を行うのは、一軒家の場合は向こう三軒両隣で、自宅の両隣と向かいの3軒、裏の3軒です。マンションの場合は両隣と真上と真下の部屋になります。引越しの挨拶には、500円から1000円の手土産を持って行くのが習わしで、お菓子や洗剤、タオルなど、貰って困らないものを贈るのが流儀です。お菓子は、家族構成が分からないので複数で食べられるものを選びましょう。手土産には外のしを付け、御挨拶と明記するのがマナーです。引越しの挨拶は、引越し当日の朝に行っても良いですが、挨拶に回る時間が作れないことも多いので、事前にすましておくのが賢明です。時間帯が遅すぎても早すぎても迷惑なので、10時以降の午前中や昼食時を外したお昼時などゆったりしている時間に行うのが良いでしょう。相手が不在の場合は、日時を変えて再び挨拶に訪れ、それでも不在の場合は郵便受けに入れておくのでOKです。また、最近は引越しの挨拶をしない人も増えており、特に女性の一人暮らしの場合はセキュリティの面なども考えあえて行わない場合もあります。子どもがいる家庭は、子どもが参加できる町内の行事やイベントなど、近所づきあいをすることが必要なため、挨拶まわりは欠かせません。

Copyright© 2019 引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】 All Rights Reserved.