引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】

暮らしに使えるものを選ぶ

トラックのおもちゃ

金額はほぼ決まっている

新居への引越しはいろいろやることもあり、日常とは異なるとても大きな行事だということができるでしょう。慣れない手続きなどすることが多いので、自分のことにかまけて周囲のことを忘れがちになってしまうかもしれません。しかし、今までいた家を出て、新しい場所に行くという点で、今までの場所とこれからの場所のご近所への配慮は必要不可欠なことです。旧居と新居のご近所への引越しの挨拶をしない人も中にはいますが、やはりお世話になったところ、これからお世話になるところへの挨拶は人間としても当然だといえるでしょう。現在は誰にとっても引越しの挨拶に行くときは手土産がつきものだと考えていますが、金額には相場があって500円くらいが多いと言われています。ただ特別にお世話になった方に渡すとか、やっぱり少しいいものをと考える場合には1000円くらいまでは常識の範囲内です。どんな品物にするかは迷うところですが、基本は実用的なものだと誰もが考えていて、最近いちばん多く選ばれているのはお菓子です。少し値がはればティーバッグのお茶がついているようなプチギフトもあります。またティッシュペーパーやラップ、台所ふきんなど日常で使えるもの、消費できるものなども人気があります。引越しの挨拶は向こう3件両隣という言葉があるように、そんなに離れたところまで行く必要はありません。そのため、持参する品物も数多くいるわけではありませんが、低金額のものだと売っているところは限られるということも知っておくといいかもしれません。デパートや大型のスーパーなどは品物の取り揃えも多く、のしをつけることもできますが、ドラッグストアなどはのしつけることができないこともあります。また、最近はネットの通販サイトも商品が充実しているのでのぞいてみるのも参考になります。

Copyright© 2019 引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】 All Rights Reserved.