引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】

両隣くらいは確認しよう

男女

タイミングを考えよう

引越し先での挨拶はマナーとして大切です。最近は近所付き合いをしない人が増えてきているとはいえ、隣にどんな人が住んでいるのか知らないままで過ごすのは気持ちが悪いことでしょう。ちょうど引越し時は良いきっかけになります。挨拶の品を持って両隣くらいには顔を出しておくことをおすすめします。また、引越しの挨拶とともに何か贈ることがポイントです。通常、タオルやお菓子、洗剤などを贈ることが多くなっています。タオルは新聞の勧誘みたいと感じる人も居ることでしょう。それなら、お菓子や洗剤にするのもいいかもしれません。ただし、相手によってはお菓子も洗剤も嫌がることがあります。お菓子は好みがあるからです。洗剤もアレルギー体質の人が居る場合、肌に合わないことが考えられます。この中で無難なものはタオルです。タオルならどんな人でも使う機会があることでしょう。日持ちもするものなので、使わずにしまっておくこともできます。何がいいのか分からない場合は、デパートのギフトコーナーで店員さんに相談したり、ギフトショップサイトで紹介されている品を参考にしたりして選ぶといいでしょう。それから、引越しの挨拶をするタイミングを図ることも大切です。当然、マナー違反にならないような常識的な時間帯に訪れることをおすすめします。作業の音で迷惑をかけるかもしれないというのなら、前日にでも挨拶に伺っておくと安心です。明日の何時頃に越してくると伝えておけばいいでしょう。

Copyright© 2019 引越しの挨拶について【挨拶に伺う時には粗品を持参するのが礼儀】 All Rights Reserved.